CONNECT

藤本壮介 / 藤本壮介建築設計事務所

「森」のような建築をつくりたい

大学卒業後、大学院に進学せず設計事務所にも所属しないまま、言わばニートのような期間を過ごし建築と向き合える大きな時間を手に入れた。

手掛ける仕事は住宅から大規模建築、インスタレーション、パビリオンなど非常に幅広い。
近年は国内のみならず、海外でのコンペにも数多く勝利し、世界に活躍の場を広げている。

「森」のような建築をつくりたいという氏の作品は、幾何学的な要素がグラデーションするように徐々に存在感を消していき、建物の内と外をはっきりとさせる壁や天井といった建築の基本的な要素を曖昧にすることで、自然と構造物がナチュラルにつながる。
「森」はそこに住む動物、人、植物、それぞれにとって必要なもの、不必要なものが無秩序に存在するが、その無秩序なものが緩やかに繋がり共存し合っている。

建築を作る上で、何が何にとって必要で何が不必要なものなのか、それを見極めることは難しい。
限りなく対極にあるようにも感じられる自然と人工物の繋がりを見つけ出し、森を作り上げるという難題に挑んだ作品が、世界中でどんどん増えていくことが楽しみだ。

略歴/受賞歴

1969年

北海道生まれ

2000年

藤本壮介建築設計事務所設立

2004年

JIA新人賞(伊達の援護寮)

2008年

JIA日本建築大賞(情緒障害児短期治療施設)

主な作品

1996年

聖台病院作業療法棟 [北海道]

1999年

聖台病院新病棟 [北海道]

2002年

しじま山荘 [長野県]

2003年

伊達の援護寮 [北海道]

2005年

T House [群馬県]

2006年

情緒障害児短期治療施設"バウムハウス" [北海道]

2008年

final wooden house [熊本県]
House N [大分県]

2010年

  • 武蔵野美術大学図書館 [東京都] (cc)Yoshi
House Om [神奈川県]

2011年

  • House NA [東京都]

2012年

House K [兵庫県]
  • 世界一大きなトイレ“Toilet in Nature” [千葉県市原] (cc)DAJF


2013年

せとの森住宅 [広島県]
  • Serpentine Gallery Pavilion [アルバニア] (cc)Simon

2014年

表参道ブランチーズ [東京都]
  • クルンバッハのバス停 [オーストリア] ©Yuri Palmin
nomadic house *インスタレーション [フランス]

2015年

マイアミデザインディストリクト Blue Grass Facade [アメリカ]
ヴィタミンクリエイティブスペース Mirrored Gardens [中国]

2016年

House Vision 2016"賃貸空間タワー"
ポテトヘッド西営盤 [香港]
Milan Design Week "Forest of Light" *インスタレーション

2017年

JINS渋谷店 [東京都]

2018年

台北の集合住宅"水樹之間" [台湾]
DESIGNART TOKYO2018 "Particles of Life" *インスタレーション

2019年

国立近代美術館「窓展」窓に住む家/窓のない家 [東京都]
渋谷パルコ CHAOS KITCHEN [東京都]
  • L'arbre blanc de Montpellier [フランス]

進行中のプロジェクト

SHIROIYA(白井屋ホテル)再生計画 [群馬県]
アンスティチュ・フランセ東京 増築計画 [東京都]
津田塾大学 小平キャンパス [東京都]
十和田市地域交流センター [青森県]
虎ノ門・麻布台プロジェクト [東京都]
リヨンの複合建築 [フランス]
チューリッヒの複合施設 [スイス]
ザンクト・ガレン大学 HSGラーニング・センター [スイス]
House of Hungarian Music [ハンガリー]
石巻市複合文化施設 [宮城県]
ニースの複合都市計画"joiaméridia" [フランス]
ブリュッセルの複合都市計画 [ベルギー]
※(cc)の表示されている写真は、それぞれ写真上のリンクより使用条件をご確認ください。©マークの記載されているものはそれぞれ著者の許可を得て使用していますので、転載を希望される場合は、著者に直接コンタクトを取って写真の使用を申請してください。