旧大阪市立博物館(旧陸軍第四師団司令部庁舎)

Osaka Municipal Museum of Art 1931 / Japanese Army Historical Architecture
+
昭和御大典記念事業として、市民からの寄付金により再建された大阪城天守閣とともに建設された建物。
寄付金150万円のうち、この建物の建築費など第四師団に80万、天守閣再建、大阪城公園再整備に70万があてられた。
ロマネスク様式の重厚な建物のいたるところに凝った装飾が施されており、天守閣とは全く違った様式を用いて、その存在感を強く示している。

終戦までは軍の司令部がおかれ、大阪市警察庁本部、大阪府警察本部を経て、地域の歴史を扱う博物館の先駆的存在として運営されてきたが、大阪歴史博物館の開館にともない2001年に閉館。
その後は数回の一般公開や、イベント時の事務所などに使われる程度で、市民をはじめ国内外からの観光客が多く集まる立地であるにもかかわらず活用されていない。
博物館や美術館としての利用にとらわれず、本丸内の売店の移転をはじめとするテナント利用や、ホテルなどの事業者を公募するなど、建物や周囲の魅力を活かした計画を期待したい。
毎年1度程度ではあるが一般公開もされており、普段は閉ざされた建物の内部を見学することが出来る
PAGE INFO
公開日: 2008/1/20 撮影: 2011/11 | 2008/1

作成者: