高麗橋野村ビルディング

高麗橋野村ビルは昭和モダニズム建築を代表する建築家・安井武雄氏の設計によるもの。
安井氏設計の現存する大規模モダニズム建築では最古のもので、大阪瓦斯ビルヂングよりさらに古い。
各階の庇の部分などに陶器瓦が使われていたり、土のような色合いが特徴的で、オフィスビルに囲まれた今では、時代に取り残されたような空間だ。 高麗橋野村ビルはテナントにも恵まれており、1階南側にサンマルクカフェ、北側にカフェバー・JAMAIS(ジャメ)が入り、さらに建物を引き立たせている。
PAGE INFO
公開日: 2008/1/2

作成者: