X 現存しない

万樹庵/石井修 ~建物に外観はいらない

Manjuan 1987 / Osamu Ishii Contemporary Architecture
+
コンクリート打ち放しの屋根やコルテン鋼構造体などあえて人工的な素材を多用しながら、豊かに育った緑がそれを覆い隠す。
建物に外観は必要ないとした石井修氏の作品らしい所は、木々が建築物を彩るアクセントになるのではなく、木々の隙間からかすかに見える人工物のほうががアクセントになっているところ。
20年以上のときを経て草木に覆いつくされた建物
蔦が生い茂り、建物の輪郭とわずかに構造物が見えるだけになっている
2011年に建物は解体され、今は2軒の新しい住宅が建っていて、この建物も草木も跡形もなくなっている。
PAGE INFO
公開日: 2009/5/25 撮影: 2009/5

作成者: