現代建築 写真一覧 (86)

ドムス香里/石井修 Domus Kori / Osamu Ishii

森に飲み込まれた建築

ドムス香里は雁行する17戸の賃貸棟と、直線に並ぶ分譲棟が「く」の字型の私道を挟む形で向かい合っている。
オープンスペースを豊富に確保するため、建蔽率は40%に抑えられており戸数を確保するため一戸あたりの間口も、分譲棟で4.068m、賃貸棟で3.84mとし、床面積を広くするためスキップフロアーを採用。
そのことで軒高も分譲棟で7.75m、賃貸棟で7.95mとなっている。

建蔽率、軒高を抑えることにより現在のドムス香里は森に飲み込まれ、コンクリートの建物と完全に調和しており、周りの団地郡とは一線を画している。

設計者の石井修氏の「緑の棲み家」にあるように、年月を重ねながら自然と同化する建築であり、20年以上の時を経てようやく完成した空間という感じがした。

設計の詳細 なだらかな傾斜地に立ち前庭、中庭、裏庭と3つの庭を配置することで風通しはよいが、南からの採光を室内に取り込むことにはあまり目を向けられていない。
断面図 左A棟が分譲棟 右B棟が賃貸棟
平面図 左、分譲棟 右、賃貸棟
一番の課題はコスト面であったが、十分な装飾を施せない分、環境に溶け込み緑を纏うことでそれを補っている。

2007年9月12日、石井修氏がお亡くなりになった事で、これほど自然と共生する都市型住宅はもう見られないかもしれない。
ドムス香里 建築データ
所在地
大阪府寝屋川市成田南町
設計
石井修/美建・設計事務所
工事期間
1980年2月~1981年2月
設計期間
1978年5月~1979年11月
2棟 A棟(分譲) B棟(賃貸)
面積
敷地面積:3,989.57㎡
建築面積:A棟 688.74㎡ B棟 860.42㎡
延床面積:A棟 1,406.07㎡ B棟 1,886.30㎡
規模/構造
地上3階 分譲棟11戸 賃貸棟17戸
/鉄筋コンクリート造 布基礎 一部鉄骨造