鎗屋アパートメント

鎗屋アパートメントは昭和43年に建設された商社の一般的なオフィスビルだったものを、アールデコ様式やモダニズムを融合させた賃貸集合住宅にコンバージョンしたもので、大阪のコンバージョンビル、そしてリノベーションマンションの先駆けとなっている。
全てを新しいものに取り替えたわけではなく、年月を経たヴィンテージな躯体の一部を露出させたり、本物のアンティーク家具を使用したり、もともとあった階段室を活かしたりと、デザイン面では他のデザイナーズマンションと呼ばれるものとは比べものにならない。
全国でリノベーション建築を展開するアートアンドクラフトによる改修で、鎗屋アパートメントが完成してようやく、”リノベーション”という言葉が関西でも浸透した。

エントランス部分
PAGE INFO
公開日: 2008/1/20 撮影: 2008/1

作成者: