EXPO'70パビリオン 旧鉄鋼館/前川國男

Expo'70 Steel Pavilion 1969 / Kunio Maekawa Contemporary Architecture
+
EXPO'70大阪万国博覧会のパビリオンとして唯一現存する建物。
催事以外使用されることが無く一時取り壊しが計画されるなどの紆余曲折を経て、2010年に大阪万博の資料や写真、映像を展示する記念館としてよみがえった。
建物は、コンクリートと鉄骨、白・緑・橙3色の琺瑯板と、30年の年月を経て建物を覆うツタの取り合わせが美しい。
恒久的に利用できるパビリオンとして建設されたこの建物が、これからも大阪万博の熱狂を後世に伝えていく事を期待したい。
コンクリートの躯体と植栽、そして桜とのコントラスト
外壁にはツタが生い茂り建物を彩る
PAGE INFO
公開日: 2008/4/27 撮影: 2011/4 | 2008/4

作成者: