HOMEREPORTSGALLERYBLOG+SITE MAP
新ダイビル 屋上からの風景
page1 page2
1-2-6 Dojima-hama,Kita-ku Osaka-City,Japan | Nakanoshima Architecture

Shin Daibiru Roof 1/2
ビルの屋上であることを忘れてしまう 北館と南館の境目部分の段差も見て取れる
中之島東地区をのぞむ 日本銀行と新館 阪神高速と中之島 巨大アヒルの後頭部も小さく見える
屋上樹苑データ
開園:1963年
樹苑面積:約3300u
(4300本の樹木と1300本の草木類・桜・ケヤキ・紅葉など)
■建築データ
所在地:大阪市北区堂島浜1-2-6
設計:村野藤吾/村野・森建築事務所
竣工:1958年5月(南館) 1963年10月(北館)
敷地面積:8,472.45u 延床面積:81.629u 規模:地下4層・地上9階・塔屋4階 主体構造:SRC造

2011年夏からの建て替えに向け、いつのまにか閉鎖されてしまった新ダイビルの屋上樹苑。
取り損ねてしまったが実際は10メートルを超えるかえでや、もみじなど見事な森が広がっている。
完成から50年近く経過した庭園は、その規模もさることながら非常に管理が行き届いており、夏場でも心地よい風が吹く。
ビルの屋上ということもあり根をおろす土の厚さも限られているはずだが、これだけの森を形成できるのであれば、他のビルの屋上でも新ダイビルのような屋上庭園を形成するのも夢ではなさそうだ。

30メートル程度の高さでありながら中之島を一望でき、特に阪神高速1号環状線が中之島の景観を形成するピースになっていることを感じることが出来る一等地だった。 >>次のページ

 Sponsored Link
 
▼サムネイルをクリックで拡大
梅田方面
朝日新聞大阪本社と解体中だった新朝日ビル
羊と共に直線的な建物を和らげるデザイン
北新地方面


>>他の写真

Нет architecture by hetgallery is licensed under a Creative Commons 2.1 License.
ご意見やご感想があればこちらまでmail | このサイトについてAbout this site | privacy policy  写真等の利用について