堺筋倶楽部(旧川崎貯蓄銀行大阪支店)

歴史的な建築物が点在する、大阪・堺筋に面した銀行建築。
1931年(昭和6年)に旧川崎貯蓄銀行大阪支店として建設され、現在はレストラン、結婚披露宴等に利用できる迎賓館「堺筋倶楽部」として運営されている。

銀行建築らしい左右対称のファサード
福島区に残る旧川崎貯蓄銀行福島出張所と同じく、石張りの外壁に威厳を与えるコリント式オーダーや、繊細な装飾を施した左右対称のファサードから銀行建築らしさを存分に感じることが出来る。
竣工して以降2000年までずっと銀行として使用されていたが、統合や破綻などを経て2001年にイタリアンとフレンチのレストランに1棟丸ごとコンバージョンされた。

吹き抜けの1階営業室はイタリアンレストラン、2、3階の金庫室や電話交換室、役員室をフレンチレストランとして利用し、4階の集会室はウェディングパーティなどに利用されている。
建設されてからレストランにコンバージョンするまでの間、銀行としてのみ使用されていたこともあり、吹き抜けの営業室や薄暗い階段室など竣工当時の趣をそのまま感じられる。
金庫室をワインセラーに利用するなど、既存部を活かしながらの更新がなされていて、椅子やテーブル、照明や家具なども建物の雰囲気を引き立てるコーディネートとなっている。

2、3階にあった電話交換室や金庫室をフレンチレストラン「リストワール」の個室にコンバージョン
イタリアンレストラン「アンブロシア」がある3層吹き抜けの旧営業室
4階オリエンタルルームは100名までのパーティにも対応できる大空間
ワインセラーとして使用されている1階の金庫室
モザイクタイルの敷かれた1階床

1階エントランス
立地は堺筋沿いだが北浜界隈とは違い周辺に歴史的な建物はほとんど残っておらず、住所こそ南船場となっているが近年堀江とともに注目を集める心斎橋寄りの4丁目とは異なり、オフィスとマンションが混在するエリアで休日は人通りも多くない。
そんな中でもレストランが盛況なのは、建物の良さを最大限に活かしたコンバージョンがなされたことが大きいと感じる。
レストランの営みが竣工後80年を経過したこの建物を今でも息づかせている。
PAGE INFO
公開日: 2015/12/17 撮影: 2015/11

作成者: