フジハラビル

大正時代の趣き深いビルを建築物としてだけでなく経営面でも立て直し、現在も造作に精力的なオーナーに恵まれたフジハラビル。
フジハラビル竣工の3年後に建設された、旧大林組本店ビルを思い起こさせるアール窓やスクラッチタイルの施された外壁、そしてアーティストの作品やオーナーの遊び心のある造作があふれる内部空間が、道行く人々を立ち止まらせる魅力をはなっていた。
建物自体が一つのアート作品になっているフジハラビルがテレビドラマや宣材写真のロケに使われることも多く、2009年もNHK朝ドラ「ウェルかめ」にて、主人公の勤める徳島の出版社として撮影が予定されるなど、路地の一角にありながら竣工当時の界隈の賑わいを思い起こさせてくれる貴重な存在。
PAGE INFO
公開日: 2009/5/5 撮影: 2009/4 | 2007/6

作成者: