スタイルビル

白髪橋北東、長堀通りに面するコンクリート打ち放しのビル。
人物を投影したフィルムが張られたスチールサッシュのガラス面や、両脇を水盤にはさまれ、大きくせり出した庇をもつアプローチ、そして中層の波打つ庇と上層階の曲線など、コンクリート打ち放しの外観が主張しすぎないように工夫を凝らされたデザインでうまく全体のバランスをとっている。
逆に通りに面さない部分は、連続した窓と打ち放しの組み合わせが無機質な印象をつくりだしながらも、前面とのつながりを感じることが出来る。
その側面はコンクリートの外観にもかかわらず、どこか60年代の建物のような雰囲気を醸し出しており、不思議とファサードより印象深いものだった。
PAGE INFO
公開日: 2010/4/18 撮影: 2010/4

作成者: