ダイキンOsakaアトリオ

Daikin Osaka Atelier 1988 / Etsuo Tanda Contemporary Architecture
+
各戸ごとに独立したエントランスを持ち、立体的な路地空間を繋げる事で昔ながらの密接さとプライバシーを兼ね揃えている。
アトリオ(光庭)を囲む立体路地に広場や植栽があればもう少しゆとりを感じることの出来る住空間になっていただろう。
PAGE INFO
公開日: 2008/7/26 撮影: 2008/7

作成者: