スペースブロック上新庄/シーラカンスCAt

Space Block Kamishinjo 1998 / Kazuhiro Kojima Contemporary Architecture
+
デザイナーズ住宅という言葉が浸透する前の建築物。2.5mの立方体を22個。
これがスペースブロックの基本的構造で、パズルのように複雑に組み合わさることにより各部屋ごとに特色のあるデザインになっている。
複雑に入り組むキューブ
さらに、立方体内部は間仕切らないというルールを設定し、多くの部屋に取り入れられたメゾネットの吹抜けが、狭いスペースに広がりをもたせた。

CAtのキーワードとして「スペースブロック」ともう一つ、動線やLDK、水周りなどの動かせない部分を「黒」、使われ方により呼び方の変わるフレキシブルな空間を「白」と位置づけ、通常7~8割を占める「黒」部分を半分程度に抑える「黒と白」という概念を地で行く作品。

どの部屋も十分な採光が確保されており、「デザイナーズ賃貸住宅」「構造のアイデア」という評価だけではなく、狭小地を有効に利用している点でもすばらしい建築だった。
PAGE INFO
公開日: 2008/3/21 撮影: 2008/3

作成者: