昭和初期の木造建築をリノベーション/世界初のヤコブセン専門店が大阪にOPEN

デンマークを代表するデザイナー、アルネ・ヤコブセンの世界で初めての専門店「HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN」(ハウス オブ トビヤス ヤコブセン)」が大阪・池田市にプレ・オープン、4月24日にグランドオープンを迎える。

ショップにはヤコブセンの代名詞となるイスなどの家具をはじめ、時計や食器、照明、水栓金具、テキスタイルに至るまで、製造メーカーの制約なく多様なプロダクトが取り揃えられており、実際にインテリアや小物を手に取り、数々の名作チェアにゆったり座って体感することができる。

リビングやキッチンなどシーンに合わせてコーディネートされた店内
セブンチェアの素材やカラー、フロントパディングのバリエーションも豊富な品揃え
時計や照明のほか、雑貨やテキスタイルなど、ヤコブセン関連のアイテムが並ぶ

色取り取りのアイテムが映える、白を基調とした建物は、昭和初期に建てられた木造の平屋住宅を、店長でスタイリストの國吉さんを中心にリノベーションしたもの。
構造材を表した屋根には大きな天窓が設けられ、古い小学校にあるような温かみを感じる木製サッシやドアからもガーゼ素材のカーテンを通して店内に穏やかな風と暖かい光が注ぐ。
断熱材もなく、立て付けの悪くなった建具がそのまま使用された屋内は、住空間となれば厳しい条件だが、自然を感じながら実際の生活シーンを体現できる店内はとても居心地が良く、親しみやすいヤコブセンの家具がさらに身近なものに感じられる。
家具や雑貨に加え、ヤコブセンがそのフォルムに惚れ込み最も愛したサボテンなどの植物も多く配置されている。

建物外観: 一般的な古い平屋住宅が北欧のサマーハウスのような装いにリノベーション。
ショップオープンに際し、ヤコブセンの孫でありデザイナーのトビアス・ヤコブセンがプロデュースした。
構造材が表しとなった屋根と木製サッシ: ヤコブセンのプロダクトと同じく、時が流れても残り続けるものの良さを教えてくれる。

ヤコブセンは建築家として数多くの名建築を生み出し、建物自体の設計のみならず建築を構成する内外の環境全てをデザインし、その重要な一要素として名作と呼ばれる家具やインテリアを生み出している。
「ハウス オブ トビヤス ヤコブセン」も、それらのプロダクツを納める単なる箱ではなく、空間を構成する要素やコンセプトにも妥協を許さなかったヤコブセンの世界観を感じることのできる佇まいをつくり出している。

庭師に憧れを抱くほど自然に対する強い想いを持ったヤコブセンの、建築におけるもうひとつの重要なピースである植物も、建物内外に効果的に配置されている。

4月末のオープンに向け、コラボ商品やオリジナル雑貨の展開、デンマークから家具職人を招いての製作実演などのイベントの計画も進んでおり、さらに充実していくハウス オブ トビヤス ヤコブセンの今後が楽しみだ。

» ハウス オブ トビヤス ヤコブセン 写真一覧
ハウス オブ トビヤス ヤコブセン データ
所在地
大阪府池田市城南3-6-16 ≫ 地図アプリで開く ≫ 地図(Googleマップ)
阪急宝塚線「池田駅」下車 徒歩5分
営業時間
11:00~19:00 定休日: 火曜日
電話番号
072-752-5577

※取材目的の撮影の際は、事前に株式会社KEIZOにお問い合わせください。
※営業時間、臨時休業等の情報は公式HPFacebookinstagramをご確認ください。
PAGE INFO
公開日: 2016/3/31 撮影: 2016/3

作成者: